Select a Region アジア太平洋

パートナーシップとライセンシング

ライセンスイン(ライセンス購入)およびアウトライセンス(ライセンス供与)の決定は、製薬会社が成長とバランスのためにポートフォリオを管理する際に使用する重要なチャネルです。ライセンスインの決定はしばしば、治療領域での企業のポジションを拡大または統合することによって促されます。一方、アウトライセンスの決定は、新製品の開発投資と市場アクセスの考慮事項に関連するリスクと価値とのトレードオフ、または成熟した既存製品の性能向上によって促されます。

当社は、ライセンスイン資産に対するデューデリジェンスを実施し、「チップオフ」(情報を提供する)ポイントと「ウォークアウェイ」(交渉打ち切り)ポイントを特定することで取引交渉範囲を確立することにより、大規模クライアントをサポートします。また、新興のイノベーター企業によるライセンス資産の完全な供与や大企業とのパートナーシップ協定の作成も支援しています。当社によるサポートは多くの場合、取引条件の交渉やクライアントのパートナーシップの決定に発展しています。幅広い企業が関与する成熟したポートフォリオについては、クライアントがパートナーとの間でウィン-ウィンの関係を規定する取り決めをつくったり、パートナーとの間でライセンス供与や利益配分に関する取り決めをつくったりするのを当社が支援します。

こうした意思決定を行うため、当社は資産開発の全ての段階で、そして既存製品ごとに、クライアントと連携します。


ケーススタディ

開発資産をインライセンシングするための評価と交渉戦略

そのクライアントは、懸案の取引から最大の価値を引き出すため、評価と交渉のための戦略を必要としていました。当社は調査計画を基に評価フレームワークを開発し、製品の収益とコストを予測し、予想されるNPVの全ての範囲を達成するうえでカギを握る価値とリスク要因を評価しました。当社は、製品をライセンスするためのさまざまな取引の選択肢を評価した後、交渉戦略を開発し、クライアントが財務上の影響を理解するのを助けました。

オーファン適応症におけるフェーズII試験資産の評価と提携戦略

当社のクライアントは、米国および欧州主要5カ国市場向けの開発と提携戦略を下支えするため、希少疾患資産の評価を必要としていました。当社は財務モデルを開発し、不確実性を評価し、リスクを含む製品の財務見通しを予測しました。当社のチームは、前進/撤退の判断を支援する重要な情報を提供し、即時の支払いではなく長期的な価値を目指すためのパートナーシップの選択肢に関連して財務上のトレードオフについて説明しました。

第II/III相試験におけるバイオシミラー・ポートフォリオの評価と提携戦略

アジア地域のあるクライアントが、バイオシミラーのポートフォリオを評価し、さまざまなパートナーシップの選択肢を比較し、米国とEUにおける交渉戦略に関するガイダンスを得たいと望んでいました。当社は、さまざまなレベルの競争的攻撃性(競争を激化させる傾向)とさまざまな規制の進化経路を含むシナリオを作成し、評価しました。具体的には、NPVを達成するまでのシナリオにおける価値とリスクを評価し、交渉プラットフォームを確立しました。さらに、欧米における既存のパートナーシップから最大の価値を得るための交渉戦略に関する推奨事項を作成しました。

10億ドルでの買収戦略の商業的デューデリジェンス

あるプライベートエクイティ・コンソーシアムは、オーストラリアの標的企業のポートフォリオに宿るリスクを懸念していました。特に、主要ブランドの価値と、潜在的なジェネリック参入者がもたらす脅威、その結果として評価に与える影響を理解したいと考えていました。当社は、いくつかの一般的な参入シナリオを評価し、コンソーシアムが買収コストの30%削減を目指して交渉しながら価値に対する脅威に対処するための効果的な戦略を作成するのを支援しました。

当社が貴社のビジネスを次のレベルにどのように引き上げるかをご覧ください。

  • all fields required