Select a Region アジア太平洋

市場評価と予測

開発中または既存の資産の事業計画を成功させるには、商業的機会を正確に評価することが不可欠です。ただし正確性は主観的なものであり、進化する疫学的、臨床的、規制的、償還、および競争動向よって引き起こされる市場の不確実性に依存します。シングルポイントの決定論的な市場規模測定および予測モデルに基づくアプローチは、こうした不確実性を捉えるのに不十分です。EVERSANAは、あらゆる予測範囲を捕捉することにより、こうしたビジネスプランの質を高めることを専門としています。具体的には、当社は市場規模と予測にシナリオベースの確率的アプローチを採用しています。

  • 市場規模の測定および予測を行う機関としてのあらゆる側面をカバーする詳細で厳格な定性的および統計的定量的評価を、関連する利害関係者と協力して実施します
  • こうした評価を使用して、制御可能因子と制御不可能因子の相対的な寄与度を調べます
  • これらの要因を、確率を割り当てた可能性の高いシナリオと組み合わせて、上振れた場合および下振れた場合を含むあらゆる事業規模と予測を導出します

(地域調査では)この分析を、患者のサブ集団、診療環境、国を含むセグメント別に実行し、それぞれの相対的な貢献度を決定し、価値の源泉に優先順位を付けます。

不確実な未来を見据え、クライアントが質の高い意思決定を行えるようにするこの合理的で効果的なアプローチは、当社のシニアリーダーシップチームがスタンフォード大学と協力して行った先駆的な研究に基づいています。このアプローチは、製薬会社と医療技術企業がアジア太平洋およびグローバル市場における非常に包括的な商業機会を評価するのに役立っています。


ケーススタディ

APACにおける研究開発段階資産の機会評価

世界的なある製薬会社は、主要なAPAC市場おける腫瘍学開発資産の機会の規模を評価したいと考えていました。EVERSANAのコンサルタントは、ペイシャントジャーニー、治療経路、および満たされていないニーズを理解するため、複数のKOLにインタビューしました。当社は予想される収益の範囲を算定するため、TPPのフィードバックと競争環境、価格設定の可能性、償還制限などの関連する不確実性に基づき、患者割合のピークがどの範囲になるのかを評価しました。

日本の製薬会社にとっての米国および欧州主要5カ国おける研究開発段階資産の機会評価

日本のあるクライアントが眼科適応の新しい作用機序を持つ資産を開発しており、米国および欧州主要5カ国市場におけるその資産の可能性を予測したいと考えていました。EVERSANAのコンサルタントは、疾患の状況、ペイシャントジャーニー、および満たされていないニーズを研究するため、複数のKOLのインタビューを行い、TPP達成に至るまでのさまざまなシナリオを評価しました。EVERSANAのコンサルタントは、資産の価格設定の可能性を判断するため、支払者へのインタビューも行いました。当社は、リスクの重要なソースに基づいて将来のシナリオを作成し、各シナリオの収益予測を計算しました。

主要なAPAC市場における希少適応症向け研究開発段階医薬品の機会評価

世界的なある製薬会社が、希少な神経学的適応の新しい作用機序を備えた資産を開発しており、APAC市場における市場の可能性を評価したいと考えていました。適応症の希少性のせいで公的に入手可能なデータは乏しく、治療パラダイムは未発達で不確実でした。当社は予想される収益の範囲を提供して製薬会社を支援するため、主要なリスク要因を評価するための独自の方法論と、KOLおよび支払者とともに実施した付加価値市場調査の結果を活用しました。

アジア太平洋地域市場における新規輸液装置の機会評価

世界的なある大手デバイスメーカーがAPAC市場における新規輸液デバイスの可能性を評価したいと考えていました。当社は、顧客セグメントの主要な利害関係者を対象にデバイスの受容性を調査するとともに、その価格と競争シナリオを考慮して市場シェアを評価し、予想される収益の範囲を算定しました。

当社が貴社のビジネスを次のレベルにどのように引き上げるかをご覧ください。

  • all fields required