Select a Region アジア太平洋

HEORバリューデモンストレーション

医薬品資産の開発には、規制当局への届け出のための莫大な労力と費用が必要です。多くの開発が失敗します。成功するには価値提案を効果的に明確にし、登録、価格設定、市場アクセスを適切なものにすることが非常に重要です。製品の価値ストーリーに追加すべき機会を特定した後は、通常は各市場への理解と臨床の専門知識に基づくモデル化を通じて製品がコスト負担軽減にどのように貢献するのかを定量的に説明することにより、プロセスを継続します。

  • グローバルな費用対効果モデリング: マルコフモデルや状態遷移モデル、サバイバルパーティションモデル、患者シミュレーションモデル、離散イベントシミュレーション、定常状態モデルなど、あらゆる市場に簡単に適応可能なグローバルモデルプラットフォームです。
  • 国別分析:全ての主要市場および現地の臨床および健康経済専門家の経験に基づく、費用償還申請および医療技術評価(HTA)届け出のための国・地域別の分析です。
  • 予算への影響(インパクト)の分析:国民皆保険制度またはマネージドケアの視点、純便益分析、および病院予算分析を使用して、新たな公衆衛生的介入の採用とそれが公共および民間部門の支払者に拡散することによる財政面での影響を推定します。
  • エビデンス統合:メタ分析、体系的レビュー、間接治療比較(ITC)、ネットワークメタ分析(NMA)、傾向スコアマッチングを介して、蓄積された新製品比較有効性を評価します。当社のリーダーは、NetMetaXLの共同開発者であり、PRISMA NMA報告ガイドラインの共同執筆者であり、これまでに完了させたメタ分析、ITC、およびNMA研究は75件を超えています

当社のリーダーは費用償還市場における支払者への製品価値を表明してきた長い経験を持ち、医薬品の価値を表すグローバルな理解に貢献していることで知られ、モデリングとメタ分析のための独自の方法論を構築しています。"

当社が貴社のビジネスを次のレベルにどのように引き上げるかをご覧ください。

  • all fields required